トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

おせち料理ナビ-通販と予約おせち料理 > おせち料理とは何でしょうか
ʔ

おせち料理とは何でしょうか

おせち料理とは何でしょうかの画像

突然ですが質問です。

「おせち料理って何ですか?その定義とは?」。

こんな質問、唐突ですが一体何人の主婦がはっきりとした答えを出せるのでしょう。

「お正月に頂く豪華な料理」「一年で最初のハレの料理」「重箱に詰めた縁起の良い料理」などなど。

答えは様々だと思います。

辞書を引くと、「節の日の料理、特に正月用の料理を指している。」

とありました。

「正月の料理=おせち料理」ではないんですね。

「節の日」の料理をすべて「おせち料理」というのですね。

そもそも「おせち」は「御節」と書くってご存知でしたか。

節という字が使われています。

節の日というのは、分かりやすく言うと「節句」です。

端午の節句とか桃の節句という日がありますね。

その節句です。

古来日本人は四季の移り変わりを節目とする習慣がありました。

その節目の中でも江戸幕府の時代に、徳川家の出身である三河で行われていた節目の習慣を「五節句」と定めたそうです。

「正月7日の人日(じんじつ)」「3月3日の上巳(じょうし)」「5月5日の端午」「7月7日の七夕」「9月9日の重陽(ちょうよう)」の5つの節句がこれにあたります。

その中でも新年を迎えるということで、特に重要視された節句が「正月7日の人日」です。

この日を特に大切にする習慣は近世にまで流れ、現在のように正月の料理を「おせち料理」と呼ぶようになったのです。

皆さんもご存知の通り、おせち料理は日持ちのする料理です。

お刺身や生野菜など日持ちのしない食材は使いません。

また、元日ではなく、年末に用意しておくこともご存知でしょう。

これは、年神様を迎えると言われている大切な節句の間に、台所で火を使わないという畏敬の念の表れと言われています。

女性が休める三が日と言われますが、本当は神様を迎えるために静かに過ごすという目的なのです。

おせち料理とは、昔「節句の料理」。

今は「人日の節句の料理」を指している。

これが最初の質問の正しい答えです。

おせち料理ナビ-通販と予約のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ おせち料理の内容と「いわれ」(2)

「昆布巻き」は「よろこぶ」と「こぶ(こんぶ)」を掛けた縁起の良い料理です。 昆布は正月飾りにも用いられ、おせち料理には欠かせない「煮しめ」にも昆布の結びを入れて、縁起の良い食材として重宝されています。 「えび」はひげが長く腰が曲がったように見えることから、長生きの象徴とされています。 こちらも昆布と同様に大変縁起の良い食材として重宝されています。 えびの紅白が料理を惹き立て、ハレの日を演出してくれる貴重な存在です。 おせち料理には小エビを串で刺して焼いた「鬼がら焼き」を使う

おせち料理ナビ-通販と予約について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。