トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

おせち料理ナビ-通販と予約お正月 > お正月について知っていますか
ʔ

お正月について知っていますか

お正月について知っていますかの画像

「正月(お正月)」について辞書で調べてみると、「一年の最初の日」「各暦の初日」などと書かれています。

つまり、今でいえば1月1日、元旦のことをお正月といいます。

文化的な言い方をすれば、お正月とは古い年を無事に終えたことに感謝し、新しい年の年神様をお迎えして新年を祝う行事のことです。

年神様とは、一年の最初の日に家の実りと幸福をもたらすために高い山から下りてくると考えられている神様のことです。

「正月様」とか「歳徳神」と呼ぶ地方もあります。

自然信仰の強かったかつての日本では、死んだ人の魂は田や畑など自然の神になり、正月には年神様になって子孫を末永く暖かく見守ってくださるという考え方が一般的でした。

つまり、年神様をお迎えするということは、祖先をお迎えして一緒にお祝いをするというハレの日にあたります。

現在では年神様を強く意識する家は減ってきていますが、新しい年を祝う行事におせち料理やお雑煮を食べるなど、一年の始まりとしてのお正月は大切にされ続けています。

お正月に門松を立てるのは、「ここが我が家の入り口です、どうぞお入りください」と年神様に目印を示すもので、歓迎の意味が込められています。

玄関に飾るしめ飾りも同じ意味を持ちます。

鏡餅にも年神様と一緒に餅を食べて一年の豊作を願うという意味が込められています。

暦の話に戻りますが、1月1日は国民の祝日に制定されており、お正月は一年で最初の祝日です。

正月の三が日とは、1日から3日のことを指し、松の内とは1日から7日を指します。

7日までに正月飾りを下ろし、15日の左義長(さぎちょう)の祭りで焼くという習わしが現在も残っています。

左義長は「どんど焼き」「どんと焼き」など地方で呼び名が変わります。

多くの地方では、その火で焼いた餅を食べると一年を元気に過ごせると言い伝えられています。

鏡開きは年神様に供えたお餅を硬い槌で開いて(割って)食べ、元気な一年を願う行事です。

おせち料理ナビ-通販と予約のおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚善 京都府京都市山科区勧修寺平田町116 電話075-591-9100

今日のお勧め記事 ⇒ 田作り&数の子

田作りは「ごまめ」と呼ばれるイワシの稚魚を干したものを使います。 まず、ごまめをフライパンで空煎りします。 弱火でじっくりポキッと簡単に折れてしまうくらい煎るのがポイントです。 電子レンジにごまめを広げて500Wで3分程度加熱してもよいでしょう。 どちらも加熱後は広げて冷まします。 完全に冷めたら加熱した調味液と煎ったごまめを絡めます。 調味液は、砂糖・みりん・しょうゆで作るのが基本のレシピです。 ごまめ50gに対して、砂糖大さじ3・みりん小さじ2・しょうゆ大さじ2.5で調

おせち料理ナビ-通販と予約について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。