トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

おせち料理ナビ-通販と予約おせち料理レシピ > 紅白なます&黒豆
ʔ

紅白なます&黒豆

紅白なます&黒豆の画像

なますは苦手という人もこのレシピを知れば簡単に出来ることに驚くはずです。

材料は大根とにんじん。

これだけです。

後は家にある調味料で完成してしまいます。

にんじんは年の瀬になると金時ニンジンという種類のにんじんが出回るので、色を更に鮮やかに見せるためにも金時ニンジンでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

分量は4人分の箸休め程度の量で大根3分の1本くらいが目安です。

にんじんは色のアクセントに使うので、こちらも一本の3分の1程度で良いでしょう。

大根とにんじんを同じ分量だけ用意すると、紅白の赤が目立つなますになってしまいますので少なめにしてください。

大根とにんじんはしっかりと洗えば皮ごと使えます。

斜めに薄く輪切りにして千切りにしていきます。

この切り方をなます切りと言います。

大根とにんじんを合わせて塩もみしてしんなりとさせておきます。

合わせ酢は酢が大さじ3、に対して砂糖はその半分。

みりんは小さじ2、薄口しょうゆが小さじ1です。

合わせ酢の材料を煮立てて冷ましておきます。

唐辛子を加えたりユズの汁を加えたりしてもアクセントになります。

水気をしっかりと絞った大根とにんじんを合わせ酢に和えて完成です。

黒豆は250gを洗って黒砂糖(三温糖)140g、水6カップ、塩小さじ1、しょうゆ小さじ2で作った調味液に浸しそのまま一晩置きます。

翌日そのまま鍋にかけ、強火にせずにコトコト煮ます。

灰汁が出たらその都度すくい、紙の落とし蓋をのせて豆が空気に触れないように気をつけます。

黒豆が空気に触れるとシワの原因となります。

煮汁が減ったら水を足しながら黒豆が煮汁から顔を出さないように気をつけながら2時間から3時間煮ます。

その後冷まして味を浸透させますが、この間も黒豆は煮汁をかぶったままです。

艶を出したい時には錆びた釘を一本入れて煮ると良いそうです。

調味液に浸して煮る簡単な方法は料理研究家の土井勝さんによって編み出されたレシピです。

おせち料理ナビ-通販と予約のおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚善 京都府京都市山科区勧修寺平田町116 電話075-591-9100

今日のお勧め記事 ⇒ 栗きんとん&菊花かぶ

最近では栗きんとんを作るのに栗の甘露煮の瓶詰を使うレシピが一般的になりました。 さつまいも300gとクチナシの実を砕いたものを、色鮮やかに柔らかく煮えるまで火にかけます。 クチナシの実は年末になるとスーパーに出回りますが、スパイスのコーナーには細かく砕いたものが通年売られていることがあります。 お茶パックなどに入れて使います。 煮えたらざるに上げて水を切り、マッシャーなどで潰していきます。 そこに、甘露煮のシロップ3分の1カップ、みりん大さじ1塩少々を加えて弱火にかけ混ぜな

おせち料理ナビ-通販と予約について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。