トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

おせち料理ナビ-通販と予約おせち料理レシピ > 伊達巻&昆布巻き
ʔ

伊達巻&昆布巻き

伊達巻&昆布巻きの画像

伊達巻は本来、白身魚をすりつぶしたものに卵白を加え、卵液と混ぜ合わせて焼いた料理でした。

しかし、最近でははんぺんが使われるレシピが一般的になっています。

一本分で卵を4個使います。

まずはんぺん一袋を1㎝角に切りフードプロセッサーやすりこぎで潰し、砂糖大さじ4、だし汁大さじ3、みりん大さじ1、塩少々と卵を加えて滑らかになるまで潰します。

甘さが気になる人は砂糖の量を減らすなどの調整をしてください。

滑らかになったら目の細かいざるで濾しておきます。

はんぺんを先につぶすことで卵と混ざりやすくして、だまになるのを防ぎます。

卵焼き器を熱して卵液を流し入れ極弱火で表面が乾いてくるまで焼きます。

この時四隅が空くフタをすると良いでしょう。

焼けたら裏返して中火にし、押しつけるように3分ほど焼きます。

熱いうちに鬼すだれの上に乗せ、鬼すだれと一緒にくるくると巻いて輪ゴムで止めて10分ほど置きます。

こうしておくことで巻き癖をつけることができます。

10分経ったら一旦ほどき、再び巻いていきますが、今度は卵だけをゆっくりと巻いていきます。

そのまま鬼すだれで落ち着かせて出来上がりです。

次は昆布巻きのレシピです。

昆布は15㎝ほどにカットして表面の汚れを拭き水で戻します。

あらかじめカットされた昆布を使っても良いでしょう。

戻し汁は後で使いますので捨てないでください。

かんぴょうは濡らして塩もみして水気を絞っておきます。

生干しにしんを使う場合、水で戻してサッと茹でて鱗を洗います。

にしんを昆布の長さにカットして昆布で巻き、かんぴょうで3か所等間隔に結びます。

昆布の戻し汁を昆布が隠れる程度鍋に入れ、砂糖と酒を同量加えて柔らかくなるまで煮ます。

柔らかくなったらしょうゆで味を整え、落とし蓋をして煮汁が少なくなるまで煮ます。

最後にみりんを回しかけひと煮立ちさせて出来上がりです。

早煮え昆布を使えば煮る時間を短縮することができます。

おせち料理ナビ-通販と予約のおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚善 京都府京都市山科区勧修寺平田町116 電話075-591-9100

今日のお勧め記事 ⇒ お正月の伝統(2)

子供の楽しいお正月ならではの遊びも伝統として受け継がれています。 カルタ遊びや凧揚げ。 百人一首や羽根つきなどです。 百人一首は鎌倉時代初期の公家で歌人の藤原定家によってまとめられたもので、百人一首の歴史はかなり古いものであることが分かります。 百人一首のアイデアのもととなったと言われるのがカルタ遊びです。カルタ遊びの歴史は更に古く、平安時代にさかのぼります。 和歌の上の句の札、下の句の札。 それぞれ対応するものを探し出すという貴族の遊びがカルタ遊びの始まりです。 ただし、

おせち料理ナビ-通販と予約について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。