トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

おせち料理ナビ-通販と予約年越しの準備 > 新年を迎える準備 ~これだけは揃えたい~
ʔ

新年を迎える準備 ~これだけは揃えたい~

新年を迎える準備 ~これだけは揃えたい~の画像

正月飾りにはそれぞれに意味があります。

何もしなくても暦は新年に変わりますが、日本人の心としてこれだけは準備しておきたいというものをご紹介します。

「門松」は年神様を迎えるための目印として準備します。

常緑の松には神が宿ると考えられていて、まっすぐに節をつける長寿の象徴である竹と組み合わせることで縁起が良いとされています。

玄関に向かって左側を「雄松」、右側を「雌松」と呼びます。

門松は身近なところではホームセンターで手に入ります。

予約が必要な場合が多いので確認が必要です。

他にも造園、エクステリアなどを手掛ける会社でも販売することがあるようです。

同じく玄関に飾って年神様をお迎えする「しめ飾り」は年末になるとスーパーマーケットやホームセンターで購入することができます。

もともとは神社のようにしめ縄を張り巡らしていましたが、簡略化され現在の形に変わりました。

しめ飾りには不老長寿を願うウラジロや子孫繁栄を表すユズリハ、家運隆盛を表すダイダイという縁起物がたくさん使われています。

鏡餅も日本のお正月を象徴する正月飾りです。

古代から餅は神に捧げる貴重な食物と考えられていました。

ハレの日には必ずと言っていいほど餅が登場し、家庭では家族で餅つきをする光景が見られたものです。

年神様にお供えする餅は、人の魂や心臓を表す丸型と決まっています。

この形が鏡と同じだったのでいつしか鏡餅と呼ばれるようになりました。

なぜ二つの餅を重ねるのかというと、月と太陽を表していると言われています。

また、健康で平和な一年を重ねるという意味もあるということです。

鏡餅はお供え物ですから神棚に飾ります。

神棚の無い家庭では、キッチンや玄関などに飾っても良いでしょう。

鏡開きの日には年神様からお下がりをありがたく頂戴するという意味を込めて、餅を割って家族で頂きます。

鏡開きでは、不吉とされる「切る」ことを避け、槌などで鏡餅を割って食べます。

おせち料理ナビ-通販と予約のおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚善 京都府京都市山科区勧修寺平田町116 電話075-591-9100

今日のお勧め記事 ⇒ 田作り&数の子

田作りは「ごまめ」と呼ばれるイワシの稚魚を干したものを使います。 まず、ごまめをフライパンで空煎りします。 弱火でじっくりポキッと簡単に折れてしまうくらい煎るのがポイントです。 電子レンジにごまめを広げて500Wで3分程度加熱してもよいでしょう。 どちらも加熱後は広げて冷まします。 完全に冷めたら加熱した調味液と煎ったごまめを絡めます。 調味液は、砂糖・みりん・しょうゆで作るのが基本のレシピです。 ごまめ50gに対して、砂糖大さじ3・みりん小さじ2・しょうゆ大さじ2.5で調

おせち料理ナビ-通販と予約について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。